コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外植 がいしょくexplantation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外植
がいしょく
explantation

実験発生学での技法の一つで,切出したの一部分を人工条件下で培養すること。外植の対語は内植であり,これは切出した部分を他の胚の内部で育てるもの。外植では,周囲の胚部分からの働きかけがないから,切出した部分がもつ自律的な分化能力などを研究するのに適している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

外植の関連キーワードグリム(Hans Grimm)ヴェンセズラウ・デ モライスジュネーブ海軍軍縮会議ニューファンドランドプロテスタント教会アメリカ植民協会自由フランス運動キナバル国立公園英仏植民地戦争ベルサイユ体制A. リカルテベルサイユ条約ドイツ植民協会赤司 鷹一郎斎田 功太郎ピット(大)奴隷廃止運動ブリストルボーンマスリバプール

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外植の関連情報