コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内植 ないしょくinterplantation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内植
ないしょく
interplantation

体内培養ともいう。実験発生学などでしばしば用いる技術の一つ。個体または胚の一部を分離し,それを他の個体の体内の適当な腔所内で培養する方法。移植体の分化,成長を研究する目的で行われる。移植体の分化になるべく影響が少いと思われる場所,たとえば眼窩腹腔卵黄嚢,漿尿膜などが用いられる。これに対して,切出した部分を体外で培養するのが外植である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

内植の関連キーワードセントポーリア小田常太郎ジャノヒゲパキスタン植物防疫法花卉園芸人種問題アイビー開国温室離村

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内植の関連情報