外療・外料(読み)がいりょう

精選版 日本国語大辞典「外療・外料」の解説

がい‐りょう グヮイレウ【外療・外料】

〘名〙 外科(げか)治療。また、外科医のこと。⇔内療
※南蛮寺物語(1638頃)「なんばんりうのぐゎいりゃうもてはやし、よもぎもほかにあるより」
※雑俳・柳多留‐一(1765)「外料を祭の形(なり)で呼びに行き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報