コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿の子餅 カノコモチ

デジタル大辞泉の解説

かのこ‐もち【鹿の子餅】

餅菓子の一。餅や求肥(ぎゅうひ)などを包んだ赤小豆(あかあずき)のさらし餡(あん)の上に、蜜煮した小豆粒をつけたもの。江戸時代から知られ、関西では小倉野(おぐらの)ともいう。隠元豆を用いるものは京鹿の子とよぶ。
[補説]書名別項。→鹿の子餅

かのこもち【鹿の子餅】[書名]

江戸中期の咄本(はなしぼん)。1巻。木室卯雲(きむろぼううん)作。明和9年(1772)刊。63話の小咄から成り、軽妙洒脱な内容で好評を博し、以後の咄本の流行をもたらした。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

鹿の子餅

富山県高岡市、富山不破福寿堂が製造・販売する銘菓餅米と砂糖に泡立てた卵白を合わせ金時豆蜜漬けを散らしたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かのこもち【鹿の子餅】

江戸中期の噺本。〈話稿〉の角書(つのがき)を持つ。山風(朝濤(ともなみ)七左衛門)編著。1772年(安永1)刊。小本3巻。江戸時代《昨日は今日の物語》《醒睡笑》にはじまる小咄は,元禄時代の軽口(かるくち)本を通じて盛んであったが,元禄を過ぎると,やや下火になった。本書は,いわゆる田沼時代(安永・天明期)の初頭に出版された江戸の小咄集で,噺本復活の口火を切ったものである。江戸小咄はこれを機に隆盛を極め,落語にも利用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鹿の子餅の関連キーワード飲み込む・飲込む・呑み込む・吞み込む袖留め・袖止め・袖留嵐音八(初代)ふさぶさしい富山県高岡市くすみ返る引っこ抜きごっそりろくたま打っ欠くそっとも人物臭し切れ離る厳い世話ごんす御座る見齧るきつい台無し師の坊

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鹿の子餅の関連情報