コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外郎売り ウイロウウリ

デジタル大辞泉の解説

ういろう‐うり〔ウイラウ‐〕【外郎売り】

外郎1を売り歩く商人。
歌舞伎十八番の一。享保3年(1718)江戸森田座の「若緑勢曽我(わかみどりいきおいそが)」で2世市川団十郎が初演。外郎売りが妙薬の由来や効能を雄弁に述べるもので、のち「助六」に吸収された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ういろううり【外郎売り】

外郎薬を売り歩く者。
歌舞伎十八番の一。外郎売りが外郎薬の宣伝文句の早口言葉を連ねて聞かせるもの。1718年、森田座の「若緑勢曽我わかみどりいきおいそが」で二世市川団十郎が初演。現在は「助六」に挿入。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

外郎売りの関連キーワードういろう早口言葉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外郎売りの関連情報