コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌舞伎十八番 かぶきじゅうはちばん

8件 の用語解説(歌舞伎十八番の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌舞伎十八番
かぶきじゅうはちばん

本来十八番は数よりも「おはこ」(お得意のもの)の意であるが,「歌舞伎十八番」の語は,7世市川団十郎が,天保11(1840)年に『勧進帳』初演の際,その口上看板に表記したのに始まる。その後十八番の数にひかれて,市川家代々のあたり狂言 18種目を 7世が選定した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

歌舞伎十八番

7代目市川團十郎が制定した市川家の歌舞伎十八番物を指すが、それ以前から歌舞伎全体の中の人気演目を指す言葉としてあった。7代目市川團十郎は天保年間に「江戸市川流・歌舞伎狂言組十八番」として制定。「不破、鳴神(なるかみ)、暫(しばらく)、不動、嫐(うわなり)、象引、勧進帳、助六、外郎売(ういろううり)、押戻、矢の根、関羽、景清、七つ面、毛抜、解脱、蛇柳、鎌髭」の十八番。市川團十郎家の芸である荒事(あらごと)の十八番は、多くの人に親しまれた。中でもスーパーマンのような力を示した「暫」は荒事芸の代表作。荒事は、稚気満々で演ずべしとされる。9代目團十郎の薫陶を受けた6代目菊五郎は荒事について教わった言葉として「子供の心持になってし、それで始終丸く見える様に心がけて、見得(みえ)やただ立っている時でも必ず全身に力を込めて両足の親指を上げているのだ」と伝えている。

(山本健一 演劇評論家 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かぶき‐じゅうはちばん〔‐ジフハチバン〕【歌舞伎十八番】

歌舞伎18種のこと。普通は江戸歌舞伎の市川家の当たり狂言をさす。7世市川団十郎が天保初年ごろ選定。荒事(あらごと)芸に特色をもつ。不破(ふわ)鳴神(なるかみ)暫(しばらく)不動嫐(うわなり)象引(ぞうひき)勧進帳助六押戻(おしもどし)外郎売(ういろううり)矢の根関羽景清(かげきよ)七つ面(めん)毛抜解脱(げだつ)蛇柳(じゃやなぎ)鎌髭(かまひげ)の18種。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

歌舞伎十八番【かぶきじゅうはちばん】

歌舞伎劇のうち市川團十郎家の当り芸18種の総称で7世団十郎が制定。《不破(ふわ)》《鳴神(なるかみ)》《毛抜》《(しばらく)》《不動》《うわなり》《象引(ぞうびき)》《助六》《外郎売(ういろううり)》《矢の根》《押戻し》《景清》《関羽(かんう)》《七つ面》《解脱(げだつ)》《蛇柳(じゃやなぎ)》《鎌髭(かまひげ)》《勧進帳》。
→関連項目新歌舞伎十八番新古演劇十種前進座

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

とっさの日本語便利帳の解説

歌舞伎十八番

市川団十郎が代々得意とし、家の芸とした荒事一八種。七代目が選定。「不破」「鳴神(なるかみ)」「暫」「不動」「嫐(うわなり)」「象引」「勧進帳」「助六」「押戻」「外郎売(ういろううり)」「矢の根」「関羽」「景清」「七つ面」「毛抜」「解脱」「蛇柳」「鎌髭」。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かぶきじゅうはちばん【歌舞伎十八番】

7世市川団十郎が制定した18の演目をいう。7世団十郎は,1832年(天保3)3月に長男の海老蔵に8世団十郎を襲名させ,自身は海老蔵を名のると発表したときに配った刷り物に,初めて〈歌舞妓狂言組十八番〉と題して18種の名目を掲げた。その後,40年の《勧進帳》初演に際し〈歌舞伎十八番の内〉と口上看板に明記した〈十八番〉を〈おはこ〉と呼び,得意芸の意にもつかわれるようになったが,なぜ18の数に決めたかは明らかでない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かぶきじゅうはちばん【歌舞伎十八番】

市川家で代々務めてきた家の芸で、七代目団十郎の制定といわれる当たり狂言。荒事が大半を占める。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歌舞伎十八番
かぶきじゅうはちばん

歌舞伎劇のうち、市川団十郎の「家の芸」18種。天保(てんぽう)年間(1830~44)、7世団十郎が初世以来家に伝わってきた当り狂言(または当り芸)を制定したもので、『不破(ふわ)』『鳴神(なるかみ)』『暫(しばらく)』『不動(ふどう)』『嫐(うわなり)』『象引(ぞうひき)』『勧進帳(かんじんちょう)』『助六(すけろく)』『押戻(おしもどし)』『外郎売(ういろううり)』『矢の根』『関羽(かんう)』『景清(かげきよ)』『七つ面』『毛抜(けぬき)』『解脱(げだつ)』『蛇柳(じゃやなぎ)』『鎌髭(かまひげ)』がその内容。いずれも家の芸である荒事(あらごと)を基本にしているのが特色である。これらのうち、『勧進帳』は初世が演じた題材をもとに、7世が再創造したもの。また、『暫』『矢の根』『助六』『鳴神』『毛抜』のほかは、『外郎売』や『押戻』のように他の作品の一部として伝わったものや、名ばかりで何も残っていなかったものが多かったが、明治以降、2世市川左団次や市川三升(さんしょう)(10世団十郎)によって復活されている。
 なお、三升屋二三治(みますやにそうじ)の『戯場書留(ぎじょうかきとめ)』によれば、7世団十郎の制定した以前に「歌舞伎狂言十八番」ということばがあったが、これは市川家に限らず江戸歌舞伎の当り狂言を選んだものである。一般に得意芸のことを「十八番」というのは、「歌舞伎十八番」を家の芸、転じて当り狂言と解したことから生まれたといってよい。[松井俊諭]
『郡司正勝他編著『図説日本の古典20 歌舞伎十八番』(1979・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎十八番の関連キーワード十代目市川団十郎二代目市川団十郎五代目市川団十郎七代目市川団十郎九代目市川団十郎市川団十郎(八代目)市川團十郎(12代目)団十郎市川団蔵(7代)市川八百蔵(6代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

歌舞伎十八番の関連情報