コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外部重役 がいぶじゅうやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外部重役
がいぶじゅうやく

社外重役ともいい,会社の経営管理の執行に従事していない非常勤の取締役で,通常は他の会社に籍があって,同時に当該会社の取締役会のメンバーであるという二重メンバーシップをもつ。現行商法のもとでは,取締役会は経営管理に関する意思決定機関であって,その執行機関ではない。したがって外部から人を取締役会のメンバーに導入することで,会社の基本方針決定に広い視野と客観性とを持込めるようになる。日本ではアメリカに比べて例は少いが,近年次第にその役割が注目され,導入する会社もふえつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android