客観性(読み)キャッカンセイ

デジタル大辞泉の解説

きゃっかん‐せい〔キヤククワン‐〕【客観性】

客観的であること。だれもがそうだと納得できる、そのものの性質。「客観性に欠ける論評」⇔主観性

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きゃっかん‐せい キャククヮン‥【客観性】

〘名〙 主観から独立して存在する客観(対象)に属し、それに条件づけられている性格。また、主観を離れて独立していること。いつ、誰がみてもそうだと認められる性質。かっかんせい。⇔主観性
※和解(1917)〈志賀直哉〉一「それは夢の中で出会ふ人のやうに客観性を持ってゐて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

客観性の関連情報