コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多し マネシ

デジタル大辞泉の解説

まね・し【多し】

[形ク]数が多い。たび重なるさま。
「矢形尾の鷹を手にすゑ三島野に狩らぬ日―・く月そ経にける」〈・四〇一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおし【多し】

( 形ク )
おおい

まねし【多し】

( 形ク )
数が多い。頻繁である。 「やまず行かば人目を多み-・く行かば人知りぬべみ/万葉集 207

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

多しの関連キーワード楽しみ極まりて哀情多し楽しみ尽きて哀しみ来る付き従う・付従う文切れ・紋切れ悉達・悉多好事魔多し可部赤迩思ひ捨つ河本公輔南里有隣吉田兼好吉田正準岡部孝之意に中る気が減る味方討ち駕する水流れ付従う多かり

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多しの関連情報