乱り/妄り/猥り/濫り/漫り(読み)ミダリ

デジタル大辞泉の解説

みだり【乱り/妄り/×猥り/濫り/漫り】

[形動][文][ナリ]《五段活用動詞「みだ(乱)る」の連用形から》
秩序を無視するさま。自分勝手であるさま。「―に高山植物を採取する」
軽率に、また、度を過ごして物事をするさま。むやみやたら。「―な言動は慎みなさい」「―に金を遣う」
みだら」に同じ。〈和英語林集成
道理に反するさま。筋道が通らぬさま。
「国の成敗―なるによりて」〈太平記・三八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android