多に(読み)さわに

精選版 日本国語大辞典の解説

さわ‐に さは‥【多に】

ふさ‐に【多に】

〘副〙 (「ふさ(総)」から) くのものが群がり集まっているさまを表わす語。多く。たくさん。おびただしく。
蜻蛉(974頃)中「馬どんなど、ふさにひきちらかいて、さわぐ」

ふすさ‐に【多に】

〘副〙 多く。たくさんに。ふさに。
※万葉(8C後)一四・三四八四「麻苧(あさを)らを麻笥(をけ)に布須左尓(フスサニ)(う)まずとも明日着せさめやいざせ小床(をどこ)に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多にの関連情報