(読み)おおく

精選版 日本国語大辞典「多」の解説

おおく おほく【多】

〘名〙 (形容詞おおい」の連用形から)
① 数量の豊富な様子。たくさん。多数。
※源氏(1001‐14頃)桐壺「朝廷(おほやけ)よりも、おほくの物たまはす」
② 全体の中で、すべてとは言えないがそれに近い部分。大部分。ほとんどの物事。
※源氏(1001‐14頃)柏木「陰陽師なども、おほくは女の霊とのみうらなひ申しければ」
③ 少数の特別な存在を除いた平均的な全体。普通。一般。
大鏡(12C前)三「さしぬきのこしぎはなども、さはいへど、おほくの人よりはけだかく」

おお・い おほい【多】

〘形口〙 おほ・し 〘形ク〙 数量が大である。たくさんである。また、程度が大きい。⇔少ない。→多く
※万葉(8C後)一五・三七五九「たちかへり泣けども吾(あれ)はしるし無み思ひわぶれて寝る夜しそ於保伎(オホキ)
※源氏(1001‐14頃)若菜下「つぎつぎ数知らずおほかりけるを、何せむにかは聞きおかむ」
無名抄(1211頃)「国々の歌枕、数も知らずおほかれど、其歌の姿にしたがひてよむべき所のある也」
おお‐さ
〘名〙

た【多】

〘名〙
① おおいこと。おおいもの。⇔
※正法眼蔵(1231‐53)古鏡「多にあらず大にあらず」
※日本の下層社会(1899)〈横山源之〉三「人数の多を占むる下層社会に意を置くことをせず」 〔論語‐子罕〕
② まさっていること。〔礼記‐檀弓上〕
③ ほめること。重んずること。感謝すること。→多とする

まね・し【多】

〘形ク〙 度数が多い。度(たび)重なっている。頻繁(ひんぱん)である。さまねし。
※続日本紀‐天応元年(781)四月三日・宣命「天下をも乱り、己が氏門をも滅ぼす人等麻禰久(マネク)在り」

おお・かり おほかり【多】

(形容詞の連用形「多く」に動詞「あり」の付いた「多くあり」の変化したもの) 多くある。→多い
[補注]中古の特に和文では「多し」の形が用いられず、「多かり」が用いられた。

おおし・い おほしい【多】

〘形口〙 多い。重大である。大したことである。
※雲形本狂言・八句連歌(室町末‐近世初)「おほしい事でもない程に、ゆるしてつかはさうと存る」

おおけ‐く おほけ‥【多】

(形容詞「おほし」のク語法) 多いこと。
※古事記(712)上・歌謡「いちさかき 実の意富祁久(オホケク)を こきだひゑね」

おお・し おほし【多】

〘形ク〙 ⇒おおい(多)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「多」の解説

た【多】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]おおい
学習漢字]2年
数や量がおおい。「多寡多少多数多多多忙多様多量過多許多最多雑多繁多
[名のり]おおし・かず・な・なお・まさ・まさる
[難読]数多あまた歌留多カルタ博多はかた

さわ〔さは〕【多】

[形動ナリ]多いさま。たくさん。
「草深みこほろぎ―に鳴くやどの」〈・二二七一〉

た【多】

多いこと。また、多いもの。
勝ること。重んじること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android