多乳腺症(読み)たにゅうせんしょう(英語表記)polymastia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多乳腺症
たにゅうせんしょう
polymastia

正常乳腺のほかに乳腺が存在する状態で,おもに腋窩から鼠径部に沿う線上に対をなしてみられる。色素沈着のみの多乳頭症と,乳腺組織も兼ねそなえた多乳房症とがある。比較的多い奇形で,男性で 1.5%,女性で5%にみられる。まれに顔面,耳,頸,上腕大腿など,不定の位置にあることもある (異所性乳腺) 。妊娠時に腫大したり,乳癌が発生したりすることがまれにあるが,一般には美容上の問題が生じる程度である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android