コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多氏 おおうじ

世界大百科事典 第2版の解説

おおうじ【多氏】

日本古代に活躍した氏族。多は太,大,意富,飫富,於保などとも記す。《古事記》《日本書紀》によれば,神武天皇皇子神八井耳命(かむやいみみのみこと)を祖とする。大和国十市郡飫富郷(現,奈良県磯城郡田原本町多)に多氏一族のまつる多神社(多坐弥志理都比古神社)があり,この地を本貫としていたと考えられる。多神社は式内社で,すでに奈良時代中期には多数の神戸(かんべ)を有しており,有力な神社であった。多氏の姓(かばね)は臣(おみ)であったが,一部は684年(天武13)に朝臣(あそん)に改められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の多氏の言及

【太安麻呂】より

…彼がこの仕事に選ばれたのは,すぐれた学者だからということだけではなかったらしい。多氏(おおうじ)は,平安朝以降,宮廷神事の歌舞音楽である雅楽をつかさどった。このような伝統は古いに違いなく,そうした家柄であったことが,安麻呂と《古事記》や稗田阿礼とを結びつける環であったのだろう。…

【禁裏御倉】より

…1463年(寛正4)ごろの禁裏御倉は,正親町烏丸南頰の薬師堂倉の辻宗秀であり,この辻家は享禄(1528‐32)ごろまで務めている。そのほかには,長享~明応(1487‐1501)ごろの大橋宗長,明応ごろのさるや野洲弾正,永正~享禄(1504‐32)ごろの中興藤四郎,享禄~天文14年(1528‐45)の津田与二郎,天文17‐天正10年(1548‐82)の下京四条室町の長谷川氏,天正11年(1583)~明治までの下御倉職多氏(舞人)などがある。代表的なものは,上御倉を永正6(1509)~明治まで世襲した立入(たてり)氏であり,室町通中御門と春日通の間,大門町に住した。…

【大食】より

…唐・宋時代の中国人が,狭義にはアラブ,広義にはイスラム教徒を呼んだ名称で,大寔(だいしよく),多氏(たし),大石(たいせき)などとも記される。本来はペルシア語でアラビア人を示すタージークTāzīk∥Tājīk,タージーTāzīの音訳であったが,アラブの征服以降のペルシア人イスラム教徒もこの名で呼ばれるようになり,またトルコ族がペルシア人を示す語としてこのタージークを用いたことから,イスラム教徒一般をも意味するようになった。…

※「多氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

多氏の関連キーワード西口与左衛門武生[市]平出 久雄山崎[町]明石守重太安万侶宇都宮藩宇都宮城山口滄洲大多喜藩坂崎直盛糸魚川藩巨勢氏丸岡藩本多氏美作国琴歌譜備前国山崎藩郡山藩

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多氏の関連情報