コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宿禰 すくね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宿禰
すくね

古代の (かばね) の一つ。古くは人名につけた敬称であったが,天武 13 (684) 年の八色の姓 (やくさのかばね) 制定で第3位の姓となった。主として従来, (むらじ) 姓をもつ者に賜与され,真人 (まひと) ,朝臣 (あそん) に次いで高位を占めたが,奈良時代後半以降になると,出身を問わず,功績などのあった氏などに与えられるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

宿禰【すくね】

日本古代の(かばね)の一種。古くは単に敬称。天武朝の八色(やくさ)の姓の第3位で,連(むらじ)姓の有力豪族などに賜与された。
→関連項目

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すくね【宿禰】

古代日本における称号の一つ。後に(かばね)になる。宿禰は,古く足尼とつくり,もっとも古い用例は,埼玉県行田市稲荷山古墳出土の鉄剣銘に〈多加利足尼〉とみえる。宿禰(足尼)は,少兄(スクナエ)の約で,高句麗の官名の小兄に由来するという説もある。古い時代の称号である宿禰は,5世半ば以前に,主として畿内地方の豪族が用いていたといわれているが,姓となったのは684年(天武13)で,八色(やくさ)の姓の一つ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宿禰
すくね

古代の姓(かばね)の一種。この宿禰という姓は古くから用いられ、有力な豪族個人の尊称としてしばしば使われていた。しかし壬申(じんしん)の乱(672)以後、天武(てんむ)天皇は684年(天武天皇13)八色(やくさ)の姓を定めて、従来の姓を天皇中心に再編成した。その際、宿禰は八色の姓の第三位(一位は真人(まひと)、二位は朝臣(あそん))に定められ、大伴(おおとも)、佐伯(さえき)らの有力豪族に与えられた。[原島礼二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宿禰の言及

【氏姓制度】より

… このような氏の再編の作業はひきつづき行われ,684年(天武13)に,〈八色の姓(やくさのかばね)〉が制定された。その目的は,上位の4姓(かばね),つまり真人(まひと),朝臣(あそん),宿禰(すくね),忌寸(いみき)を定めることで,真人は,継体天皇より数えて5世以内の世代の氏にあたえられたといわれ,皇子・諸王につぐ皇親氏族を特定したので,飛鳥浄御原令で,官位を皇子・諸王と貴族(諸臣)で区別したことと共通する。したがって,貴族の姓(かばね)としては,朝臣,宿禰,忌寸の三つで,これが〈甲子の宣〉の大氏,小氏,伴造氏の発展形であり,その間にさらに氏族の再編が進められ,朝臣52氏,宿禰50氏,忌寸11氏におさめられたのである。…

【八色の姓】より

…天武の新姓ともいう。《日本書紀》天武13年10月条に〈諸氏の族姓(かばね)を改めて,八色の姓を作りて,天下の万姓を混(まろか)す〉とあり,真人(まひと),朝臣(あそん∥あそみ),宿禰(すくね),忌寸(いみき),道師(みちのし),(おみ),(むらじ),稲置(いなぎ)の8種類があげられている。第1の真人は,主として継体天皇以降の天皇の近親で,従来,公()(きみ)の姓を称していたものに授けられた。…

※「宿禰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宿禰の関連キーワード武内宿禰(たけのうちのすくね)群馬県吾妻郡東吾妻町箱島武内宿禰・武内宿祢鳥取県鳥取市徳尾市辺押羽皇子壱岐真根子上宮天満宮甘美内宿禰県犬養姉女小墾田采女飯豊青皇女住吉仲皇子葛城襲津彦丹波康頼物部胆咋大村福吉高麗神社興原敏久当麻蹶速野見宿禰

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宿禰の関連情報