多治見麻子(読み)たじみ あさこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多治見麻子 たじみ-あさこ

1972- 平成時代の女子バレーボール選手。
昭和47年6月26日生まれ。ポジションはミドルブロッカー,身長180cm。平成2年全日本代表にえらばれる。3年日立入社。4年バルセロナ五輪(5位),8年アトランタ五輪(9位)に出場。10年世界選手権(8位)では主将をつとめた。日立ベルフィーユの廃部にともない,13年パイオニアレッドウィングスに移籍。19年長期活躍選手としてVリーグ栄誉賞を受賞。20年北京五輪で12年ぶりに出場し,5位となる。21年パイオニアでコーチを兼任。24年現役引退。東京都出身。八王子実践高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android