主将(読み)しゅしょう

精選版 日本国語大辞典「主将」の解説

しゅ‐しょう ‥シャウ【主将】

〘名〙
全軍を指揮する総大将首将。〔文明本節用集(室町中)〕
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉四「脇屋義治を奉じて主将とし越前の国杣山の城に拠りて在りけるが」 〔呉志‐張紘伝〕
競技で、チームを統率する者。選手のかしら。キャプテン
※日本野球史(1929)〈国民新聞社運動部〉中野と海老蔵の曲毬「その時主将(シュシャウ)になった中野武二はそれについていろいろ考へた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「主将」の解説

しゅ‐しょう〔‐シヤウ〕【主将】

全軍を指揮する大将。首将。
競技で、チームを統率する人。キャプテン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android