主将(読み)しゅしょう

精選版 日本国語大辞典「主将」の解説

しゅ‐しょう ‥シャウ【主将】

〘名〙
全軍を指揮する総大将首将。〔文明本節用集(室町中)〕
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉四「脇屋義治を奉じて主将とし越前の国杣山の城に拠りて在りけるが」 〔志‐張紘伝〕
② 競技で、チームを統率する者。選手のかしら。キャプテン
※日本野球史(1929)〈国民新聞社運動部〉中野と海老蔵の曲毬「その時主将(シュシャウ)になった中野武二はそれについていろいろ考へた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「主将」の解説

【主将】しゆしよう(しやう)

総大将。首将。〔三国志、呉、張紘伝〕夫(そ)れ將は乃ち籌(ちうぼ)の自(よ)りて出づる、三軍の命を(か)くるなり。

字通「主」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android