多田 駿(読み)タダ ハヤオ

  • 多田 駿 (ただ はやお)

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の陸軍大将



生年
明治15(1882)年2月24日

没年
昭和23(1948)年12月16日

出生地
宮城県

学歴〔年〕
陸士(第15期)〔明治36年〕,陸大〔大正2年〕卒

経歴
参謀本部部員、陸軍大学校教官を経て、昭和3年野砲兵第四連隊長となり、第十六師団参謀長を経て、7年関東軍司令部付となって満州国軍最高顧問になる。以後支那駐屯軍司令官、第十一師団長となり、12年参謀次長。日中戦争に際しては不拡大方針を主張する。その後第三軍司令官、北支那方面軍司令官を歴任し、16年大将に昇進軍事参議官となるが、同年予備役編入となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1882年2月24日
大正時代;昭和時代の陸軍軍人。陸軍大将
1948年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android