コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多田逸八 ただ いっぱち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多田逸八 ただ-いっぱち

?-? 江戸時代中期の長唄囃子(はやし)方。
江戸の人。もと三島神社の神職で渋川左京と称した。道楽で笛をふいていたが,芝居にでるようになり,「曾我の対面」にはじめて三保神楽(みほかぐら)をもちいて評判となる。宝暦8年(1758)から中村座の立笛をつとめた。前名は只一八,只市八,多田一八,多田源右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

多田逸八の関連キーワード住田又七(初代)長唄

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android