道楽(読み)どうらく

精選版 日本国語大辞典「道楽」の解説

どう‐らく ダウ‥【道楽】

〘名〙
① 仏語。仏道修行によって得たさとりのたのしみ。法悦の境界。
※法華義疏(7C前)一「何不未発衆生令一レ道楽、猶使迷惑也」 〔阿育王経‐八〕
② 本職以外の道にふけり楽しむこと。趣味として、ある事柄を楽しむこと。また、ものずきであること。その人。好事家(こうずか)
※雑俳・よざくら(1706)「年寄がくれば道楽一騎落」
※暑中休暇(1892)〈巖谷小波〉四「今時の小学生徒には、ちと珍らしい道楽(ドウラク)であった」
③ 品行が悪いこと。身持ちがよくないこと。だらしがないこと。特に、酒色や博打などの遊興にふけり、おぼれてしまうこと。放蕩をすること。また、その人。道楽者。放蕩者。
※談義本・地獄楽日記(1755)三「一人の道楽らしき坊主」
※くれの廿八日(1898)〈内田魯庵〉二「其上に御酒は召上らず、お蕩楽(ダウラク)を遊ばすぢゃなし」
④ とんでもないこと。なみはずれていること。
物類称呼(1775)五「方外なる物を 関東にて、だうらくと云」

みち‐がく【道楽】

〘名〙 雅楽の演奏形式の一つ。行幸大葬・神幸の時などに使われる。振鼓(ふりつづみ)・壱鼓(いっこ)をたずさえた左右の楽人を先頭に、担太鼓・担鉦鼓で、歩きながら奏でられる。
※浄瑠璃・妹背山婦女庭訓(1771)道行「数多の官女が道楽(ミチガク)に、君の機嫌を鳥申」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「道楽」の解説

みち‐がく【道楽】

雅楽の演奏形式の一。行列をつくって歩きながら奏せられるもので、行幸・大葬・神幸などのときに行われる。

どう‐らく〔ダウ‐〕【道楽】

本業以外のことに熱中して楽しむこと。趣味として楽しむこと。また、その楽しみ。「食い道楽」「着道楽
酒色・ばくちなどにふけること。また、その人。「道楽で身をもちくずす」「道楽息子」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の道楽の言及

【雅楽】より

…大太鼓はまた特に壮麗な火焰飾をもつことから,火焰太鼓ともよばれる。このほか,歩きながら演奏する道楽(みちがく)や竜頭鷁首(りようとうげきしゆ)の舟上で演奏する舟楽(ふながく)といった特殊な演奏形式のために工夫されたものもある。神道系祭式芸能と催馬楽とで歌の主唱者がうけもつ笏拍子(しやくびようし)も打楽器であるが,ふつうはこれを〈打ちもの〉とはいわない。…

※「道楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android