コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道楽 ドウラク

5件 の用語解説(道楽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どう‐らく〔ダウ‐〕【道楽】

本業以外のことに熱中して楽しむこと。趣味として楽しむこと。また、その楽しみ。「食い道楽」「着道楽
酒色・ばくちなどにふけること。また、その人。「道楽で身をもちくずす」「道楽息子」

みち‐がく【道楽】

雅楽の演奏形式の一。行列をつくって歩きながら奏せられるもので、行幸・大葬・神幸などのときに行われる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道楽 どうらく

楽道楽(らく-どうらく)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

どうらく【道楽】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
本職以外の趣味にふけること。趣味を楽しむこと。また、その趣味。 「食い-」 「着-」 「 -に焼き物をする」
酒色・ばくちなどの遊興にふける・こと(さま)。 「若い頃は随分-したものだ」 「 -なお方でございますので/真景累ヶ淵 円朝
〘仏〙 仏道修行によって得た悟りのたのしみ。

みちがく【道楽】

雅楽で、楽人が行列の先頭で行進しながら演奏すること。行幸・葬祭・寺社行事などで行われ、行列全体の進行を促す。 → 居楽いがく立楽たちがく

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の道楽の言及

【雅楽】より

…大太鼓はまた特に壮麗な火焰飾をもつことから,火焰太鼓ともよばれる。このほか,歩きながら演奏する道楽(みちがく)や竜頭鷁首(りようとうげきしゆ)の舟上で演奏する舟楽(ふながく)といった特殊な演奏形式のために工夫されたものもある。神道系祭式芸能と催馬楽とで歌の主唱者がうけもつ笏拍子(しやくびようし)も打楽器であるが,ふつうはこれを〈打ちもの〉とはいわない。…

※「道楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

道楽の関連キーワード梅見悦楽宴遊雅遊菊見後楽仁者は山を楽しむ先憂後楽遊宴書痴

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

道楽の関連情報