コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多綱巻(読み)たづなまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多綱巻
たづなまき

ケーペ巻で数本の細い巻綱を並べて使用する巻上げ方式。一般に巻上げ深度や巻上げ荷重が増すと直径の太い巻綱が必要となり,巻胴巻上げの場合は,そのために巻胴やヘッドシーブの直径や重量が大きくなり,製作上,運転上はなはだ不利になる。ケーペ巻では多綱巻が利用できるので巻綱もシーブも小径ですみ,取扱いが容易になる。多綱巻の巻綱数は2本を単位とし,2,4,6,8本に及ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android