コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多綱巻 たづなまき

1件 の用語解説(多綱巻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多綱巻
たづなまき

ケーペ巻で数本の細い巻綱を並べて使用する巻上げ方式。一般に巻上げ深度や巻上げ荷重が増すと直径の太い巻綱が必要となり,巻胴巻上げの場合は,そのために巻胴やヘッドシーブの直径や重量が大きくなり,製作上,運転上はなはだ不利になる。ケーペ巻では多綱巻が利用できるので巻綱もシーブも小径ですみ,取扱いが容易になる。多綱巻の巻綱数は2本を単位とし,2,4,6,8本に及ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone