コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多重通信方式 たじゅうつうしんほうしきmultichannel telecommunication system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多重通信方式
たじゅうつうしんほうしき
multichannel telecommunication system

1つの通信回線 (有線,無線) で複数の情報信号を同時に送る通信方式。複数の信号でそれぞれ周波数の異なる搬送波を変調して周波数軸上に並べる周波数分割多重と,信号をパルス変調して時間軸上で一定時間間隔にずらす時分割多重が代表的である。1つの通信回線を多重に使用できるので,経済的で,データ符号や電話などの伝送に広く用いられており,1本の同軸ケーブルあるいは1つの電波で数千ないし1万チャンネル以上の電話を同時に伝送できる方式も実用されている。このように多重度の高いものを超多重通信方式という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

多重通信方式の関連キーワード搬送多重通信SS 通信RADA搬送通信

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android