コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜の賛歌 よるのさんか

大辞林 第三版の解説

よるのさんか【夜の賛歌】

ノバーリスの抒情詩集。1800年刊。夭折ようせつした恋人ゾフィーへの思慕の念を神秘的な夜へのあこがれとして歌い、死を生の真の故郷として礼賛する。ドイツ-ロマン派の代表的詩集。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夜の賛歌
よるのさんか
Hymnen an die Nacht

ドイツ・ロマン派の詩人ノバーリスの六編からなる連作詩。1800年刊。全編きわめて格調が高く、第1、第2、第3の散文詩のあと、第四、第五の賛歌で韻文を交えつつ、「死への憧(あこが)れ」と題された最後の韻文詩へ移行する。全編の核は第三の賛歌で、亡き婚約者ゾフィーの幻に出会った現実の夜の体験が歌われる。この体験でノバーリスは夜の世界に目覚め、それがこの連作詩をつくるもとになった。愛を完成させるには昼を捨てて夜、すなわち死の世界へ入ってゆかねばならぬというのが主題である。しかし単なる個人体験を歌ったのではなく、死に至って完成されるエロスの愛を神秘的、宗教的領域にまで高めて歌い上げた傑作である。[平井俊夫]
『笹沢美明訳『夜の讃歌/他三編』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

夜の賛歌の関連キーワードインド哲学定率減税水俣病第1次訴訟フィッセル辛酉教獄正祖勢道政治ドルトントレビシック吉雄耕牛

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android