岩波文庫(読み)いわなみぶんこ

百科事典マイペディア 「岩波文庫」の意味・わかりやすい解説

岩波文庫【いわなみぶんこ】

1927年岩波書店から創刊された小型(A6判)廉価版文庫。範をレクラム文庫にとり,世界文芸学術の全分野における古典的価値をもつ書を刊行最初の発売書目は《新訓万葉集》など。
→関連項目岩波茂雄早川良雄

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

山川 日本史小辞典 改訂新版 「岩波文庫」の解説

岩波文庫
いわなみぶんこ

1927年(昭和2)出版界の不況期に岩波書店が刊行した文庫本。岩波茂雄がドイツのレクラム文庫にならって発案し,哲学者の三木清らが参画して発刊古今東西の古典の普及を目的として,廉価で手軽に買える書物として考案された。当時星印一つが約100ページで定価20銭。装丁は平福百穂(ひらふくひゃくすい),正倉院宝物古鏡模様図案化したもの。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

デジタル大辞泉プラス 「岩波文庫」の解説

岩波文庫

岩波書店が出版する文庫のレーベル。1927年創刊。第1回配本は、夏目漱石こころ」、樋口一葉「にごりえ・たけくらべ」、プラトンソクラテス弁明・クリトン」など全23冊。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「岩波文庫」の意味・わかりやすい解説

岩波文庫
いわなみぶんこ

岩波書店(株)

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内の岩波文庫の言及

【岩波書店[株]】より

…このような出版活動は,大正期における教養主義的風潮を背景としていたが,岩波は新しい知識階級の形成を志向することになる。その具体化が,〈知識と美とを特権階級の独占より奪い返すこと〉を切実に要求する進取的なる民衆にこたえて,27年刊行を開始した〈岩波文庫〉である。これはドイツのレクラム文庫に範をとり,100ページ当り星一つで20銭という安さであった。…

【文庫本】より

…ついで13年に日本古典および漢書をおさめた有朋堂文庫,14年には洋書(トルストイやダーウィンなど)の完訳をめざした新潮文庫,東西の古典を抄録したアカギ叢書などが現れた。しかし現在の形の文庫本が出現したのは27年の岩波文庫によってであった。同文庫は,100ページにつき星印一つ20銭という定価設定などドイツのレクラム文庫に範をとり,万人の必読すべき古典的価値のあるものはすべて網羅するという意気込みで出発した。…

【レクラム文庫】より

…ドイツをはじめ世界諸国の文学,哲学,宗教,美術,音楽,政治,法学,経済,歴史,地理,自然科学など百般にわたるすぐれた内容の著作を,原則として小型本1冊に収め,100ページ前後を星一つに換算する廉価普及版で,内容の厳選と校訂の精密で知られているが,外国文学からの翻訳が多く,随筆や日記類の少ないことにも特色がある。ちなみに〈岩波文庫〉は範をこの文庫にとった。創刊以来100年の間にドイツは普仏戦争,ドイツ帝国の統一実現,第1次世界大戦,ナチズムの横行,第2次世界大戦とその破局,東西ドイツの分裂など,めまぐるしい国家の興亡を経験し,〈レクラム文庫〉の経営にも多くの苦心と困難が伴ったにもかかわらず,今までに刊行した点数は約1万を数える。…

※「岩波文庫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

ワーキングホリデー

協定締結国の国民に対し,休暇の機会と,その間の滞在費用を補う程度の就労を認める査証(ビザ)を発給する制度。二国間の協定に基づき,国際的視野をもった青少年を育成し,両国間の相互理解と友好関係を促進するこ...

ワーキングホリデーの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android