コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜昼峠 よるひるとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夜昼峠
よるひるとうげ

愛媛県南西部,大洲市八幡浜市の間の峠。標高 280m。地名は,昼なお暗い峠を意味するとか,大洲側は朝霧のため暗いが,八幡浜側は海岸で早く晴れている気候の差を示すとかの説がある。江戸時代には峠の東側の野田平地 (大洲市) は宇和島藩領で,番所があった。峠の北を JR予讃線が 2870mのトンネル (1939開通) で,南を国道 197号線が 2141mのトンネルで通過している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android