コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝霧 アサギリ

デジタル大辞泉の解説

あさ‐ぎり【朝霧】

朝方に立つ 秋》「―や村千軒の市の音/蕪村
[補説]書名別項。→朝霧

あさぎり【朝霧】[書名]

永井竜男の短編小説、および同作を表題作とする小説集。作品は、昭和24年(1949)、「文学界」誌に発表、同年の第2回横光利一賞を受賞。作品集は昭和25年(1950)刊行で、ほかに「『あひびき』から」「菊と飛行機」などの作品を収める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

朝霧

北村薫の連作中編集。1998年刊行。「円紫さんと私」シリーズ第5作。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

あさぎり【朝霧】

明け方に立つ霧。 ↔ 夕霧 [季] 秋。 《 -や村千軒の市の音 /蕪村 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朝霧の関連キーワード朝霧ジャンボリーオートキャンプ場富士オートキャンプ場ふもと村奈良県磯城郡田原本町法貴寺朝霧高原オートキャンプ場富士山の地下水バナジウム猪の頭オートキャンプ場西富士オートキャンプ場静岡県富士宮市猪之頭文豪ストレイドッグス静岡県富士宮市根原田貫湖キャンプ場女優須磨子の恋祈―Inori午後の遺言状富士宮道路渡辺 波光由布院温泉級長津彦命富士花鳥園寺岡磯次郎

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝霧の関連情報