夢浮橋(読み)ゆめのうきはし

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆめ‐の‐うきはし【夢浮橋】

[1]
[一] 吉野川の夢の渡しという地に架けられていた浮橋。
[二] 「源氏物語」第五四帖(最終帖)の巻名。浮舟のゆくえを確かめた薫が、浮舟の弟小君に手紙を託してさし向けるが、浮舟は逢おうとせず、薫は落胆する、という次第を述べる。
[2] ((一)(一)から) 夢の中のあやうい通い路。また、夢。はかないことや、世の中がはかなくて渡りにくいことのたとえ。夢の渡りの浮橋。
狭衣物語(1069‐77頃か)二「いかにたどり寄りつる夢のうきはしとうつつの事とだに思されず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夢浮橋の関連情報