コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大ぬさ おおぬさ

世界大百科事典 第2版の解説

おおぬさ【大ぬさ】

《大怒佐》《大幣》とも表記する。近世の音楽・歌謡書。著者不詳。1685年(貞享2)初刊とされるが,87年刊《糸竹(しちく)大全》に《紙鳶いかのぼり)》《知音の媒(ちいんのなかだち)》と合収,99年(元禄12)版が流布。4巻。〈引手あまた〉の意から大幣の字をあてて書名としたものだが,本文中にその用字はない。巻一は三味線の奏法などの記事と《吉野山》《すががき》などの譜,巻二は《りんぜつ》《れんぼながし》《当世なげぶし》の譜,巻三は三味線組歌の本手・破手(はで)の詞章と,秘曲の曲名,巻四は新曲22曲の詞章を収める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の大ぬさの言及

【糸竹大全】より

…《糸竹初心集》の類書。一節切(ひとよぎり)の尺八の書《紙鳶(いかのぼり)》,三味線の書《大ぬさ》,箏の書《知音(ちいん)の媒(なかだち)》の3書の合収。ただし,《知音の媒》は組歌の注釈書で,これを欠く版が多い。…

※「大ぬさ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大ぬさの関連キーワード八千代獅子糸竹大全スガガキ六段の調丹羽氏曄ほそり投節

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android