流布(読み)ルフ

デジタル大辞泉の解説

る‐ふ【流布】

[名](スル)世に広まること。広く世間に行き渡ること。「妙なうわさが流布している」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

るふ【流布】

( 名 ) スル
世間に広まること。広く行われること。 「ばかげた迷信が-している」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

る‐ふ【流布】

〘名〙 広く伝わること。世に広まること、または広めること。世間に広く行なわれること。また、世間に知れわたること。
※醍醐寺本元興寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)「以此相応於此国機 故随其徳義、称名法興皇、以三称名、永世応流布也」
※初心求詠集(1429頃)「あらぬさまなる懐紙、田舎におほくるふし侍り」 〔南史‐沈炯伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

流布の関連情報