流布(読み)るふ

精選版 日本国語大辞典「流布」の解説

る‐ふ【流布】

〘名〙 広く伝わること。世に広まること、または広めること。世間に広く行なわれること。また、世間に知れわたること。
※醍醐寺本元興寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)「以此相応於此国機 故随其徳義、称名法興皇、以三称名、永世応流布也」
※初心求詠集(1429頃)「あらぬさまなる懐紙、田舎におほくるふし侍り」 〔南史‐沈炯伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「流布」の解説

る‐ふ【流布】

[名](スル)世に広まること。広く世間に行き渡ること。「妙なうわさが流布している」
[類語]普及大衆化流通広がる広まる行き渡る伝播でんぱ浸透波及弥漫びまん蔓延まんえんはびこるのさばる流行猖獗しょうけつ跋扈ばっこ跳梁ちょうりょう横行伸展発展

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「流布」の解説

【流布】るふ

ひろく世に行きわたる。〔東観漢記、明徳馬皇后伝〕太后詔書布す。咸(ことごと)くし、敢て禁を犯すもの無し。

字通「流」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android