コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸竹初心集 しちくしょしんしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

糸竹初心集
しちくしょしんしゅう

日本音楽の文献。箏,三味線,尺八の音楽で記譜のある最古のもの。中村宗三編。寛文4 (1664) 年,京都秋田屋九兵衛刊。寛文 12 (72) 年再刊。3巻。一節切 (ひとよぎり) 中興の祖といわれる大森宗薫から学んだ理論に基づいて,初心者のために著わしたという。上巻は一節切,中巻は箏,下巻は三味線について,それぞれ同一の有名な流行歌謡を例として簡単な記譜を示し,演奏法を説明してあるので,対照解読が可能。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

糸竹初心集【しちくしょしんしゅう】

邦楽の本。中村宗三著。1664年京都で刊行。半紙半截,木版,3冊。一節切(ひとよぎり),箏(そう),三味線の独習入門書。歌詞のほかに,簡単な楽譜(指孔譜,弦譜,感所譜)も添えて刊行された近世邦楽最古の公刊譜。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しちくしょしんしゅう【糸竹初心集】

音楽・歌謡書。上中下3巻。中村宗三(そうさん)編。1664年(寛文4)京都秋田屋九兵衛または五良兵衛刊。一節切(ひとよぎり)の尺八,箏,三味線のそれぞれ楽譜を集成し,各演奏法などを概説したもの。一節切譜は,本書以前に刊行されているが,これら3種の総合的な楽譜公刊本としては最古のもの。収録曲は,初心者のための入門曲が多いが,各楽譜を通じての共通曲もあり,本書の類書である《糸竹大全》に収録される共通曲とも比較すれば,この当時の民間流行歌曲と器楽曲の実態を知るうえで重要な資料となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

糸竹初心集
しちくしょしんしゅう

日本音楽の文献の一つ。中村宗三(そうさん)著。1664年(寛文4)、京(都)寺町通、秋田屋九兵衛刊(五良兵衛となっている版もある)。半紙半裁型の木版本3冊で、上巻は一節切(ひとよぎり)尺八、中巻は箏(こと)、下巻は三味線の、いわゆる糸(箏、三味線などの弦楽器)と竹(尺八などの管楽器)とよばれる近世邦楽器の入門独習書となっている。各巻ともそれぞれの楽器とその音楽の歴史的概観や演奏法についての簡単な解説文のほか、当時の流行歌謡と思われる歌詞に楽譜を付したものが記載されている。楽譜は音価が不明であるが、音高は明瞭(めいりょう)で、現在までにすでにいくつかの解読復原の試みもなされている。近世邦楽の楽譜公刊本としては最古の資料であり、17世紀の日本音楽の実態を知るためには欠かすことのできない貴重な文献である。[千葉潤之介]
『平野健次・上参郷祐康編『日本歌謡研究資料集成3』(1978・勉誠社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

糸竹初心集の関連キーワード六段の調スガガキ元禄文化柳川検校石村検校雲井調子柳川流ウチ清掻六段

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android