コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大井卜新 おおい ぼくしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大井卜新 おおい-ぼくしん

1834-1924 明治-大正時代の医師,実業家。
天保(てんぽう)5年3月10日生まれ。大坂にでて蘭学と医学をまなび,文久元年に開業。のち大阪病院につとめ,明治4年文部中助教となったが,辞職して洋薬問屋,貿易商をいとなむ。硫酸肥料,伊和鉄道,大阪電灯などを創設。大阪商業会議所副会頭。37年衆議院議員(当選2回,政友会)。大正13年5月11日死去。91歳。紀伊(きい)牟婁郡平谷村(三重県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大井卜新の関連キーワードチェコ文学葛飾北斎野村軍記服飾雑誌画論アヘン戦争図鑑高校野球父を売る子フランス映画