コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大井卜新 おおい ぼくしん

1件 の用語解説(大井卜新の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大井卜新 おおい-ぼくしん

1834-1924 明治-大正時代の医師,実業家。
天保(てんぽう)5年3月10日生まれ。大坂にでて蘭学と医学をまなび,文久元年に開業。のち大阪病院につとめ,明治4年文部中助教となったが,辞職して洋薬問屋,貿易商をいとなむ。硫酸肥料,伊和鉄道,大阪電灯などを創設。大阪商業会議所副会頭。37年衆議院議員(当選2回,政友会)。大正13年5月11日死去。91歳。紀伊(きい)牟婁郡平谷村(三重県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大井卜新の関連キーワード永坂石埭市川定吉伊東重川俣英夫菊池篤忠高木兼二千葉弥次馬鳥潟恒吉服部けさ吉田顕三

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone