大倉 長十郎(読み)オオクラ チョウジュウロウ

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の能楽囃子方(大倉流小鼓方) 大倉流小鼓宗家(15代目)。



生年
大正14(1925)年6月24日

没年
昭和60(1985)年9月16日

出生地
大阪

本名
大倉 正二(オオクラ ショウジ)

別名
別称=大倉 長十郎宣喜(オオクラ チョウジュウロウノブヨシ)

学歴〔年〕
大阪中卒

経歴
幼少より父の13代目宗家・長右衛門に師事。昭和14年15歳で「屋島」を務める。43年父の死去により、戦死した兄・喜太郎に14代目を追贈。自らは15代目を継承し、宣喜を名のる。能楽囃子方の小鼓で当代随一の評価をうけていた。日本能楽会理事、能楽協会理事を歴任。40年より日本能楽会会員。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
能楽囃子方(大倉流小鼓方)

専門
小鼓

肩書
大倉流小鼓宗家(15代目)

本名
大倉 正二(オオクラ ショウジ)

別名
別称=大倉 長十郎宣喜(オオクラ チョウジュウロウノブヨシ)

生年月日
大正14年 6月24日

出生地
大阪

学歴
大阪中卒

経歴
幼少より父の13代目宗家・長右衛門に師事。昭和14年15歳で「屋島」を務める。43年父の死去により、戦死した兄・喜太郎に14代目を追贈。自らは15代目を継承し、宣喜を名乗る。能楽囃子方の小鼓で当代随一の評価をうけていた。日本能楽会理事、能楽協会理事を歴任。40年より日本能楽会会員。

所属団体
日本能楽会

没年月日
昭和60年 9月16日 (1985年)

家族
父=大倉 長右衛門(大倉流小鼓13代目宗家),長男=大倉 正之助(大倉流大鼓方),二男=大倉 源次郎(大倉流小鼓16代目宗家)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android