コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大入道 オオニュウドウ

デジタル大辞泉の解説

おお‐にゅうどう〔おほニフダウ〕【大入道】

からだの大きな坊主頭の男。また、その姿の化け物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおにゅうどう【大入道】

からだの大きな、坊主頭の化け物。
坊主頭の大男。また、その人をあざけっていう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大入道の言及

【入道】より

…また土着の信仰に根ざす生活をしていた日本人は,仏教に対して畏敬の念を持ちながらも,忌避の感情を捨てきれず,村落の外から入ってくる僧侶を異形(いぎよう)の者として畏怖の念を抱いていたので,そうした感情が複合して,入道ということばは,種々の妖怪と結びつけられるようになった。あいきょうもある小僧・小坊主に対して大入道は妖怪変化の王であり,見越(みこし)入道のように,仰ぎ見ればどこまでも大きくなっていく怪物などが語り伝えられた。入道は強大であるが,どこかうさんくさく得体の知れないものと感じられているが,それは日本人の仏教に対する感情の深層の反映でもあろう。…

※「大入道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大入道の関連キーワード継ぎ目・接ぎ目・継目・接目桑名屋徳蔵入船物語ムジナ(狢∥貉)こにゅうどうくんしゃならしゃならパレイドリア勇敢な仕立屋一つ目小僧化物問答桃川如燕海坊主入道雲大男入道木霊

大入道の関連情報