大原巫子・大原神子(読み)おばらみこ

精選版 日本国語大辞典の解説

おばら‐みこ【大原巫子・大原神子】

〘名〙 丹波国桑田郡(京都府天田郡)大原の大原神社に仕え、諸方を勧進したみこ。後にはそれと同じような姿をしてお祓(はらい)や祈祷などをして回った女乞食をいう。おおはらみこ。おばら。
※舜旧記‐慶長五年(1600)二月一八日「政所社参湯立〈大原巫子一人、申付〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android