コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大原桜井 おおはらの さくらい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大原桜井 おおはらの-さくらい

?-? 奈良時代の官吏。
天武天皇の曾孫(そうそん)。はじめ桜井王と称した。天平(てんぴょう)3年(731)従四位下にすすみ,遠江守(とおとうみのかみ),大蔵卿などを歴任。11年兄の高安王らとともに大原真人(まひと)の氏姓をあたえられた。「万葉集8と巻20に歌がおさめられている。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大原桜井

生年:生没年不詳
奈良時代の皇親官僚。歌人。もと桜井王といった。天武天皇の曾孫,長親王の孫,河内王の子。和銅7(714)年従五位下,天平3(731)年従四位下。天平年間には遠江守。天平16年大蔵卿でかつ恭仁京(京都府加茂町・木津町・山城町)の留守司となっている。天平11年,兄高安王などと共に大原真人の姓を与えられている。『藤氏家伝』下によれば,神亀のころ,桜井は「風流侍従」といわれたという。『万葉集』に歌2首。

(狩野久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大原桜井の関連キーワード明詮官吏

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android