コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大口袴 オオクチバカマ

大辞林 第三版の解説

おおくちばかま【大口袴】

裾口すそぐちが広い袴。
束帯の際、表袴うえのはかまの下に着用した下袴。普通、紅の平絹・精好せいごうの類で作られ、赤大口ともいう。老人は白を用いる。
武家が直垂ひたたれの袴の下につける下袴。鎌倉末期から後ろを固い緯よこ畝織で仕立てて後ろ腰を張らせ、後ろ張り大口とも呼ぶ。風流ふりゆうには上の袴を略した。
公家の子弟が半尻着用のときにつけた袴。室町以降、前に固い緯畝織を用いて前を張らせ、前張まえばり・さいばり大口とも呼ぶ。
能装束の一。腰のところを強く左右に張らせた袴。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大口袴の言及

【袴】より

… また,奈良時代は中国唐朝の文物制度が盛んに輸入された時であったから,このころには種々の唐朝服飾が採用されている。〈衣服令〉(大宝令)によると,礼服(らいふく),朝服,制服は,いずれも白袴を着用するよう規定されているが,唐朝の制度によると,文武官朝参の服に白布大口袴が行われ,乗馬の服にもまた舞楽の装束にも白袴が用いられ,〈衣服令〉の白袴の規定が唐朝の制度にならったものであることが知られる。しかも白袴着用のことが690年(持統4),706年(慶雲3)などに重ねて令せられていることからすると,唐制にならって白袴の採用されたのは早く天武朝にさかのぼるものと考えられる。…

※「大口袴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大口袴の関連キーワード半切り・半桶・盤切後張の大口前張の大口後張大口前張大口半切り後ろ腰鎧直垂能装束掛素襖赤大口半尻精好生絹狩衣直垂大口衣冠平絹剣舞