コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大口袴 オオクチバカマ

2件 の用語解説(大口袴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおくち‐ばかま〔おほくち‐〕【大口×袴】

裾の口が大きい下袴。平安時代以降、公家が束帯のとき、表袴(うえのはかま)の下に用いた。紅または白の生絹(すずし)平絹(ひらぎぬ)・張り帛などで仕立ててある。鎌倉時代以後は、武士が直垂(ひたたれ)狩衣(かりぎぬ)などの下に用いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おおくちばかま【大口袴】

裾口すそぐちが広い袴。
束帯の際、表袴うえのはかまの下に着用した下袴。普通、紅の平絹・精好せいごうの類で作られ、赤大口ともいう。老人は白を用いる。
武家が直垂ひたたれの袴の下につける下袴。鎌倉末期から後ろを固い緯よこ畝織で仕立てて後ろ腰を張らせ、後ろ張り大口とも呼ぶ。風流ふりゆうには上の袴を略した。
公家の子弟が半尻着用のときにつけた袴。室町以降、前に固い緯畝織を用いて前を張らせ、前張まえばり・さいばり大口とも呼ぶ。
能装束の一。腰のところを強く左右に張らせた袴。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大口袴の言及

【袴】より

… また,奈良時代は中国唐朝の文物制度が盛んに輸入された時であったから,このころには種々の唐朝服飾が採用されている。〈衣服令〉(大宝令)によると,礼服(らいふく),朝服,制服は,いずれも白袴を着用するよう規定されているが,唐朝の制度によると,文武官朝参の服に白布大口袴が行われ,乗馬の服にもまた舞楽の装束にも白袴が用いられ,〈衣服令〉の白袴の規定が唐朝の制度にならったものであることが知られる。しかも白袴着用のことが690年(持統4),706年(慶雲3)などに重ねて令せられていることからすると,唐制にならって白袴の採用されたのは早く天武朝にさかのぼるものと考えられる。…

※「大口袴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大口袴の関連キーワード氏の長者気が大きい下袴態度が大きい腹が大きい平額広い以降重ね袿空の樽ほど音が大きい

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone