束帯(読み)そくたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

束帯
そくたい

平安時代以降の朝廷の男子の正服衣冠姿を宿直 (とのい) 装束と呼ぶのに対し,束帯姿は昼 (ひの) 装束と呼ばれる。文官は下着に小袖,大口の袴をつけ,単 (ひとえ) , (あこめ) ,表袴 (うえのはかま) を重ね,さらに下襲 (したがさね) を加え裾 (きょ) を引き,表衣 (ほう) を着て石帯,冠をつけ,履 (くつ) をはく。武官はこのほか太刀を腰に下げ,装束の細部も文官と若干異なる。文官は特殊な場合にだけ飾太刀を下げる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そく‐たい【束帯】

律令制で定められた男子の朝服(ちょうふく)。日常の参朝の服だが、平安時代以降、天皇以下の文官武官が朝廷の儀式・公事に着用した。文官は縫腋(ほうえき)の袍(ほう)、武官は闕腋(けってき)の袍を原則とする。構成は半臂(はんぴ)下襲(したがさね)衵(あこめ)単(ひとえ)表袴(うえのはかま)大口(おおくち)石帯(せきたい)帖紙(たとう)笏(しゃく)襪(しとうず)・靴などで、武官と帯剣勅許の文官は太刀平緒(ひらお)佩用(はいよう)する。昼(ひ)の装束(そうぞく)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

束帯【そくたい】

装束の一種。奈良時代の朝服の変化したもので,正服として平安時代に広く用いられた。冠,袍(ほう),半臂(はんぴ),下襲(したがさね),衵(あこめ),単(ひとえ),表袴(うえのはかま),大口(おおくち),襪(しとうず),石帯(せきたい),履(くつ)などで構成される。束帯の色は中世以後四位以上は黒,五位が深緋(こきひ),六位以下はすべて緑と定められ,このほか天皇の袍は黄櫨染(こうろぜん)や青色,赤色,皇太子は黄丹(おうに)でいずれも禁色(きんじき)とされた。→衣冠
→関連項目大口装束朝服直衣半臂礼服

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そくたい【束帯】

公家の正装。この名称は《論語》の公冶長篇の〈束帯立於朝〉より出たとされている。〈衣服令〉に規定された礼服(らいふく)は平安時代になると即位式にのみ用いられ,朝服が,参朝のときのほか,礼服に代わって儀式に用いられ束帯と呼ばれるようになった。さらに服装の長大化,和様化にしたがって優雅典麗な形式に発展した。束帯は晴装束として昼間に用いられるものであるため,昼(ひ)の装束とも呼ばれ,略装で宿直(とのい)装束の布袴(ほうこ)や衣冠(いかん)と区別した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そくたい【束帯】

〔石帯せきたいで束ねる、の意〕
平安時代以降、男子の正式の朝服。天皇以下の文官武官が公事の際に着用した。冠・袍ほう・半臂はんぴ・下襲したがさね・衵あこめ・単ひとえ・表袴うえのはかま・大口・石帯・帖紙たとう・笏しやく・襪しとうず・沓くつなどから成る。昼装束ひのしようぞく。 → 衣冠

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

束帯
そくたい

公家(くげ)男子の正装。朝廷の公事に位を有する者が着用する。養老(ようろう)の衣服令(りょう)に規定された礼服(らいふく)は、儀式のときに着用するものとされたが、平安時代になると即位式にのみ用いられ、参朝のときに着る朝服が礼服に代わって儀式にも用いられ、束帯とよばれるようになった。この名称は『論語』の公冶長篇(こうやちょうへん)の「束帯立於朝(そくたいにしてちょうにたつ)」より出たといわれている。束帯の初見は『西宮記(さいぐうき)』で、『延喜式(えんぎしき)』にはみられないが、その縫殿寮(ぬいどのりょう)の条、年中御服の項に、天皇の朝服とみられる袍(ほう)、襖子(おうす)、半臂(はんぴ)、汗衫(かんさん)(あこめ)、表袴(うえのはかま)、中袴、褌(したばかま)などが掲げられていて、束帯への動向をうかがわせる。従来の中国風で直輸入的な服装から、日本の気候風土に順応し、生活に適合するものとなって、和様化が進み、衣服の長大化と直線裁式に戻ることによって朝服が非常に優雅典麗な形式に発展した。束帯は儀式や行事などに着装して晴装束とし、また昼間に用いられるもののため昼(ひの)装束ともよばれた。したがって宿直(とのい)装束の布袴(ほうこ)や衣冠(いかん)のごとき略装と区別される。
 武家も将軍以下五位以上の者は大儀に際して着用した。束帯の構成は冠、袍、半臂、下襲(したがさね)、袙(あこめ)、単(ひとえ)、表袴、大口(おおぐち)、石帯(せきたい)、魚袋(ぎょたい)、襪(しとうず)、履(くつ)、笏(しゃく)、檜扇(ひおうぎ)、帖紙(たとう)よりなる。束帯に文官用と武官用、および童形用の区別がある。文官は、有襴(うらん)の袍または縫腋(ほうえき)の袍とよばれる上着を着て、通常は飾太刀(かざりたち)を佩(は)かぬが、勅許を得た高位の者は儀仗(ぎじょう)の太刀(たち)を平緒(ひらお)によって帯びる。武官は冠の纓(えい)を巻き上げて、いわゆる巻纓(けんえい)とし、(おいかけ)をつけた緒を冠にかけてあごの下で結んで留める。そして無襴の袍または闕腋(けってき)の袍といわれる、両脇(わき)を縫い合わせずにあけた上着を着て、毛抜形と称される衛府(えふ)の剣(たち)を佩く。弓箭(きゅうせん)を携え、箭(や)を収める具として胡(やなぐい)を後ろ腰に帯びる。儀仗の武官は、袍の上に貫頭衣式の裲襠(うちかけ)をかぶり、腰に摂腰(せびえ)といわれる帯を締め、また装飾的な挂甲(けいこう)という鎧(よろい)をつけた。三位以上の公卿(くぎょう)で武官と文官を兼任する者は、儀仗の際を除いて縫腋の袍を着用した。したがって巻纓ではなく垂纓で、はかけない。六位以下の武官の冠には、細纓(さいえい)といって、巻纓を簡略化して纓の縁のみ輪奈(わな)にしたものをつけた。またこれにもをかける。は衣服令に規定されているが、その形式については明らかではなく、行動の便と威儀を示すために用いられたと思われ、平安時代後期以後の形式は、馬の尻毛(しりげ)を放射状に並べて半円形とし、冠にかける緒につけて両耳のところに当てた。少年は、みずらといって、髪を顔の両側に分けて束ねる形のため、冠をかぶらず、闕腋の袍を着る。
 束帯の袍は、位袍といって位階により服色が決められている。すなわち当色に従うもので、これも基本的には衣服令によっている。しかし、806年(大同1)以来、若干の変化をみせ、三位(さんみ)以上の者の紫は深浅の区別なく、みな深紫となり、四位以下もそれぞれ深緋(あけ)、深緑、深縹(はなだ)となり、また820年(弘仁11)より、嵯峨(さが)天皇は白のほか黄櫨染(こうろぜん)の袍を用い、前者は祭祀(さいし)のとき、後者は公事の場合に着装した。そのほか青白橡(あおしろつるばみ)、青色(あおいろ)、あるいは麹塵(きくじん)ともいわれる灰色みがかった黄緑色の袍を行事に用いた。さらに10世紀には深紫が黒に変わり、四位も黒を用い、六位以下はみな緑となって、六位の袍を緑衫(ろうそう)とも称したが、これら緑は、12世紀より実際は縹色となっている。
 袍の下に着る半臂は袖(そで)幅のごく狭い袖をつけた胴衣で、裾(すそ)に襴がついているが、平安時代中期以後は袖を除いた形となった。平安末期以降、縫腋の袍を着るときは省略された。下襲は半臂または直接袍の下に着る内衣で、後ろの裾を尻(しり)ともいい、しだいに長いものとなって、天皇、皇太子、親王のもの以外は後ろ身頃(みごろ)から裾を切り離して、別に腰から垂らす形式に変えて別裾(べっきょ)と称した。束帯に用いられる衵は紅色とされ、夏季は単(ひとえ)仕立てで比倍木(ひえぎ)とよんだ。単も紅色と定められ、夏冬とも単仕立ての衣である。表袴は、前開き式の袴で、690年(持統天皇4)に朝服に白袴と定められて以来それを守り、表地を白、裏地を紅としている。大口は下袴で四幅(よの)仕立て、側開式となっており紅色と決められ、ときに老人が白を用いる。石帯は袍の上から締める革の帯で、後ろ腰に当てる部分に(か)という飾りの玉や石をつけたもの。履は数種のものが用いられるが、浅沓(あさぐつ)は平常に、靴(か)は儀式に、深沓は雨泥の日に、半靴は乗馬に用いられた。絲鞋(しかい)は絹糸を編んで甲と踵(きびす)にした沓で、童形、あるいは舞楽装束に使われる。履をはくときに襪をはく。襪は靴下のことで白平絹でつくられる。笏(しゃく)は、儀式のとき式次第を備忘のため笏に記したことから始まるとされ、のちに威儀を正すための具となった。帖紙は俗に懐紙(かいし)ともいわれ、詩歌を書いたり鼻紙としても用いられた。檜扇は檜(ひのき)の柾目(まさめ)の薄板でつくられ、25枚から27枚ほどを一組としている。童は杉の板目を使った横目扇といわれるものを用いる。魚袋は、儀式のとき五位以上の者が石帯の右側につけて垂らす魚形の飾りで、もとは魚符といわれ、門鑑として用いられたものとされている。
 束帯は袍以下、位階により地質、色目、文様が定められているが、一日晴(いちにちばれ)といって大儀でない行幸の供奉(ぐぶ)などに、その当日1日だけ、袍以外の衣服に好みのものを用いて着飾ることを許され、これを染(そめ)装束ともよんだ。そのほか、下襲以下、すべて白一色としたものを、白(しら)重ねまたは白(しろ)装束と称し、更衣(ころもがえ)の日に着用した。舞楽装束のうち、人長舞(にんちょうのまい)、久米(くめ)舞、東遊(あずまあそび)、平舞(ひらまい)、蛮絵装束などは、束帯ないしその変化形式である。[高田倭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

そく‐たい【束帯】

〘名〙
① 平安時代以降、男子が参内する際に着用した正式の服装。天皇は即位以外の晴れの儀式に用いる。臣下は参朝の時を始め、大小の公事には必ずこの服装をする。その形状・構成は時代により変遷するが、中心となる構成は冠・袍・半臂(はんぴ)・下襲(したがさね)・衵(あこめ)・単(ひとえ)・表袴(うえのはかま)・大口(おおくち)・石帯(せきたい)・帖紙(たとう)・笏(しゃく)・襪(しとうず)・靴等で武官と帯剣勅許の文官は剣・平緒(ひらお)を着用する。
※左経記‐万寿二年(1025)二月二九日「関白殿若君五十日也。仍内府以下上達部、殿上人多以参入〈或直衣、或宿衣、或束帯也〉」
※平家(13C前)一「束帯の御袖にて御涙をおさへつつ」
② (━する) 正装で威儀をただすこと。
※懐風藻(751)春日侍宴〈黄文備〉「欣逢則聖日、束帯仰詔音」
※今昔(1120頃か)一九「俄に夕立に値(あひ)て束帯したる者の袖を被(かうぶり)て西の京様に走て行くが」 〔論語‐公冶長〕
[語誌](1)奈良時代の「大宝令」「養老令」では、唐朝の官人の服装に準じて、大祀、大嘗、元日には「礼服」、尋常の朝廷行事には「朝服」を着用するように規定している。
(2)平安時代にはいると、即位の儀に「礼服」を着用する以外は、通常の参内には、奈良時代の「朝服」から日本的な変化を遂げた服装が用いられるようになり、九~一〇世紀には「そくたい(束帯)」の呼称が確立していたと考えられる。
(3)「束帯」は、「ひのよそい(日装・昼装)」「ひのそうぞく(日装束・昼装束)」とも呼ばれ、「枕草子」や「源氏物語」ではこの呼称が用いられる。

そく‐た・う ‥タふ【束帯】

〘自ハ四〙 (名詞「そくたい(束帯)」の動詞化) 公卿の礼服に身を正す。
※謡曲・雲林院(1426頃)「ある夜の夢にとある花のもとに束帯ひ給へる男」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の束帯の言及

【衣冠】より

…平安中期(10世紀後半)以後,宮中で正装に準じて着用された略式の装束。奈良時代や平安初期の朝廷では朝服を着用していたが(《衣服令》),平安中期になると,朝服から束帯(そくたい)が成立,発展し,これが正装となった。束帯は,(ほう),表袴(うえのはかま),大口袴(おおくちのはかま),石帯(せきたい),それに半臂(はんぴ),下襲(したがさね),(あこめ),(ひとえ)などで構成されていた。…

【服装】より

…一方,庶民の間では,依然として貫頭衣系の衣服の着用が続いたが,律令国家は庶人が仕丁等で朝廷公事に従事するに際しても,〈制服〉として袴を着用することを規定し,奴についても袴等の〈制服〉を支給することが規定されたので,8世紀の半ばには,少なくとも公的次元にかかわる限りにおいては袴の着用が徹底されたらしい。【武田 佐知子】 このように奈良時代から平安時代初期にかけては唐風の服装が流行したが,遣唐使派遣の中止と律令体制の不成功は服装のうえにも反映して,平安中期になると礼服の着用が衰え,朝服が大きく変化して束帯となり,これが礼装として行われ,それを簡略化した布袴(ほうこ)・衣冠が準礼装として用いられた。束帯は奈良時代の朝服が日本化したもので,平安後期に入ると被り物に変化が起こって冠となり,衣も袖が広袖となり,裄(ゆき)や丈が増大し,各部が誇張されたうえにのり付けが行われ,いわゆる強装束(こわしようぞく)となった。…

※「束帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

束帯の関連情報