コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生絹 キギヌ

デジタル大辞泉の解説

き‐ぎぬ【生絹】

生糸で織ったられていない絹織物。すずし。→練り絹

すずし【生絹】

まだ練らないままの絹糸。生糸(きいと)。
きぎぬ」に同じ。
「黄なる―の単衣(ひとへ)、薄色なる裳(も)着たる人の」〈・蜻蛉〉

せい‐けん【生絹】

精練してない。また、それで織った織物。きぎぬ。すずし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きぎぬ【生絹】

生糸で織った絹織物。精練していないので張りがありごわごわしている。せいけん。すずし。 ↔ 練絹ねりぎぬ

すずし【生絹】

きぎぬ(生絹) 」に同じ。 「白き-に紅のとほすにこそはあらめ/枕草子 36

せいけん【生絹】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の生絹の言及

【平絹】より

…後練絹織物。生糸を経緯に使って平織したものを生絹(きぎぬ)といい,これを精練したものを平絹,練平絹,地絹と呼ぶ。片羽二重よりも品質の落ちる生糸を密度をあらく織ったもの。…

【有職織物】より

… 平織では絹,絁(あしぎぬ),縑(かとり),練緯(ねりぬき),精好(せいごう)などが挙げられ,絹は上質の生糸を用いて織ったもの,絁は絹よりやや質の落ちる太細のある糸で織ったもの,縑は上質の生糸を精密に固く織ったものとされている。以上は経緯とも生糸で織り,生絹(すずし)と呼ばれてそのまま使うか,それを練って練絹として用いる。練緯は経に生糸,緯に練糸を用いた薄手で艶のあるもの,精好は経緯ともに生糸,または経に練糸,緯に生糸を用い,経を密にし,緯を太くした精緻なもの。…

※「生絹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

生絹の関連キーワード黄櫨染の御袍桐生織物暑かはしシフォン御幘の冠土屋順紀捻り重ね角隠し大口袴透き扇御祭服円座紫根尾袋直垂練り長絹素絹薄色練絹

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生絹の関連情報