大君の(読み)オオキミノ

デジタル大辞泉の解説

おおきみ‐の〔おほきみ‐〕【大君の】

[枕]天皇に差し掛ける御笠(みかさ)の意から、地名「三笠」にかかる。
「―三笠の山のもみち葉は」〈・一五五四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおきみの【大君の】

( 枕詞 )
大君の召される「御笠みかさ」の意で、「三笠」にかかる。 「 -三笠の山の帯にせる/万葉集 1102

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おおきみ‐の おほきみ‥【大君の】

(大君の御笠(きぬがさのこと)の意で) 「みかさ」と同音を持つ地名三笠の山にかかる。
※万葉(8C後)七・一一〇二「大王之(おほきみの)三笠の山の帯にせる細谷川の音の清(さや)けさ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大君のの関連情報