コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大宅鷹取 おおやけの たかとり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大宅鷹取 おおやけの-たかとり

?-? 平安時代前期の官吏。
左京(京都市)の人。備中権史生(びっちゅうのごんのししょう)。貞観(じょうがん)8年(866)応天門放火の犯人が伴善男(ともの-よしお)・中庸(なかつね)父子であると密告したため,善男の従者生江恒山(いくえの-つねやま)らに娘を殺される。恒山らの取り調べで善男らの放火が確認された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大宅鷹取の関連キーワード応天門の変伴清縄

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android