大宅鷹取(読み)おおやけの たかとり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大宅鷹取 おおやけの-たかとり

?-? 平安時代前期の官吏。
左京(京都市)の人。備中権史生(びっちゅうのごんのししょう)。貞観(じょうがん)8年(866)応天門放火の犯人が伴善男(ともの-よしお)・中庸(なかつね)父子であると密告したため,善男の従者生江恒山(いくえの-つねやま)らに娘を殺される。恒山らの取り調べで善男らの放火が確認された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android