コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伴善男 とものよしお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伴善男
とものよしお

[生]大同4(809).佐渡
[没]貞観10(868).伊豆
平安時代初期の公卿。国道の5男。父の流罪地で生れた。仁明天皇に信任され大内記,蔵人頭を経て嘉祥1 (848) 年参議,のち大納言。傑出した人物で,政務に精通し時人に恐れられた。貞観8 (866) 年閏3月 10日応天門に放火して政敵源信に罪をきせ,陥れようとしたが,藤原良房に妨げられた。のち密告されて罪をあばかれ,同年9月 22日伊豆に流された (→応天門の変 ) 。この事件は,藤原氏が古来の名族である大伴氏 (淳和天皇の諱を避けて伴と改めた) を駆逐するためのものといわれているが真相は不明。この事件は『伴大納言絵詞』 (→伴大納言絵巻 ) に詳述されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

伴善男【とものよしお】

平安初期の公卿(くぎょう)。大伴氏の後裔(こうえい)で,伴国道の子。大納言。才知・弁舌すぐれた当時の傑出した人物。左大臣源信(みなもとのまこと)と権力を争い,866年応天門の変で伊豆に流され,藤原氏の他氏排斥の犠牲となった。
→関連項目大伴氏伴大納言絵巻

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伴善男 ともの-よしお

811-868 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
弘仁(こうにん)2年生まれ。大伴国道(おおともの-くにみち)の子。仁明(にんみょう)天皇の信任をうけ,貞観(じょうがん)6年大納言となる。8年応天門が炎上した際,左大臣源信(まこと)の放火と主張したが,逆に善男とその子中庸(なかつね)が犯人とされ,伊豆(いず)へ配流となる。この応天門の変の経過は「伴大納言絵詞(ばんだいなごんえことば)」にえがかれている。貞観10年死去。58歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とものよしお【伴善男】

809‐868(大同4‐貞観10)
平安前期の官人。大伴氏の後裔で,藤原種継暗殺事件の首謀者継人の孫。父は参議従四位上の伴国道。仁明天皇の信任を得て841年(承和8)に大内記となり,蔵人,式部大丞などをへて844年右少弁となり,846年に法隆寺僧善愷(ぜんがい)が檀越登美直名の不法を訴訟したことにつき,違法な受理として左大弁正躬王らと対立し,自己の主張を認めさせた(善愷訴訟事件)。その後蔵人頭,右中弁,参議,右大弁右衛門督などをへて,849年(嘉祥2)には検非違使別当となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とものよしお【伴善男】

809~868) 平安初期の貴族。大納言。左大臣源信と対立、866年応天門の変の首謀者として捕らえられ、伊豆に配流。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伴善男
とものよしお
(811―868)

平安初期の公卿(くぎょう)。継人(つぎひと)の孫、国道(くにみち)の子。応天門(おうてんもん)に放火したという罪で伊豆に配流。830年(天長7)校書殿(でん)に祗候(しこう)し、以後仁明(にんみょう)天皇に信頼され、大内記、蔵人(くろうど)、式部大丞(だいじょう)などの官を経て、847年(承和14)には蔵人頭(とう)、右中弁、翌年には参議となり、864年(貞観6)大納言(だいなごん)に累進した。善男は才知に優れ、弁舌に富み、政務の処理を機敏に行い、律令(りつりょう)官人として一流の人物であった。政界に乗り出してから藤原良房(よしふさ)にくみして勢力を伸ばし、左大臣の源信(まこと)と対立した。866年閏(うるう)3月、応天門から火が出て、同門をはじめ棲鳳(せいほう)楼、翔鸞(しょうらん)楼などの建物が焼失した。善男は良房の弟良相(よしみ)とともに源信が応天門に火をつけさせたのだと主張したが、やがて善男こそ放火の犯人だと訴えられ、無罪を強調したが認められず伊豆へ配流された。善男は、おそらく、良房が摂関政治を創始するのに障害となる人物を失脚させることをねらったために犠牲となったものと考えられる。『伴大納言絵詞(ばんだいなごんえことば)』三巻は、応天門放火より流罪までを描いた絵巻である。[佐伯有清]
『佐伯有清著『伴善男』(1970・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の伴善男の言及

【応天門の変】より

…事件の発端はこの年閏3月10日夜に朝堂院の正門である応天門が炎上したことであった。最初大納言伴善男(とものよしお)は左大臣源信の所業としてその処罰を主張したが,太政大臣藤原良房らの工作で無実が明らかになった。ところが8月3日に左京の備中権史生大宅鷹取が伴善男・中庸父子が真犯人であると告げた。…

【大伴氏】より

…日本古代の中央有力豪族。姓は連(むらじ)で,684年(天武13)以後宿禰(すくね)となった。伴(とも)は朝廷の各種の職務を世襲的に奉仕する集団で,大伴とは,伴の大いなる者,あるいは多くの伴を支配する伴造(とものみやつこ)の意であろう。記紀の伝承では,天孫降臨のおり,遠祖天忍日命(あめのおしひのみこと)が武装して先導し,神武東征のおりにも,遠祖日臣命(道臣命)が大和への道を先導したという。おそらく4~5世紀の大和政権の発展期に,朝廷の諸機能にたずさわる伴の管理者として成長し,ことに軍事的統率者として頭角を現したものと思われる。…

【善愷訴訟事件】より

…このような檀越の専横は当時多く見られたが,この訴訟はことに,9世紀初頭に沈滞の極に達し檀越登美氏から疎外されていた法隆寺僧の,道詮を中心とした自主性回復運動を背景としていた。初め左大弁正躬王らによって直名に遠流の判決が下ったが,僧綱を通さない越訴を受理し,善愷を不当に寛大に扱い,不十分な証拠で判決を下したとして,登美氏に好意的な実力者右少弁伴善男(とものよしお)が弾劾,正躬王ら弁官が罰せられるに至った。この背景には,藤原氏の他氏排斥の動きとそれに対する伴氏(大伴氏)の巻き返しの動きがあった。…

【伴大納言絵詞】より

…平安時代の絵巻。866年(貞観8)応天門に放火して,その罪を政敵である左大臣,源信(みなもとのまこと)に負わせようとした大納言伴善男(とものよしお)(809‐868)の陰謀が偶然のことから露顕し,逆に伴大納言が失脚するという史実(応天門の変)を,ドラマティックに脚色して描いた説話絵巻の代表作。12世紀後半,後白河院周辺で活躍した宮廷絵師常盤光長の作と推定される。…

※「伴善男」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伴善男の関連キーワード平安時代(年表)続日本後紀土師忠道大宅鷹取生江恒山文徳天皇藤原良相藤原有国佐伯豊雄南淵年名大伴継人藤原基経藤原良房伊豆国伴清縄朝堂院伴中庸紀夏井紀豊城伴河男

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android