コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大宜津比売神 おおげつひめのかみ

1件 の用語解説(大宜津比売神の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大宜津比売神【おおげつひめのかみ】

日本神話の食物・五穀をつかさどる女神。《古事記》では素戔嗚(すさのお)尊に食物を求められ,鼻,口,尻からいろいろの食物を取り出し,献じたため,素戔嗚尊は怒って殺し,その屍(しかばね)から蚕や五穀が生じたという。
→関連項目大御饌津神

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大宜津比売神の関連キーワードアフロディテアルテミス典座五穀の神白姫デメテル豊受大神ヘスティア牧神埴安神

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone