コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大宜津比売神 おおげつひめのかみ

百科事典マイペディアの解説

大宜津比売神【おおげつひめのかみ】

日本神話の食物五穀をつかさどる女神。《古事記》では素戔嗚(すさのお)尊に食物を求められ,鼻,口,尻からいろいろの食物を取り出し,献じたため,素戔嗚尊は怒って殺し,その屍(しかばね)から蚕や五穀が生じたという。
→関連項目大御饌津神

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大宜津比売神の関連キーワード日本書紀駒形神社保食神

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android