大崖爬・薜茘(読み)おおいたび

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐いたび おほ‥【大崖爬・薜茘】

〘名〙 (「おおいたびかずら(大崖爬葛)」の略) クワ科の常緑低木。本州中・南部、四国、九州の山地や石崖などに生える。茎は灰褐色で非常に強く、這い伸びる。葉は革質で楕円形。花はイチジクに似た花嚢(かのう)の中に密生し、実は熟して黒紫色となる。こずた。いぬたぼ。いたびかずら。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android