コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大平洋金属 たいへいようきんぞく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大平洋金属
たいへいようきんぞく

新日本製鐵系の鉄鋼会社。フェロニッケルで首位。 1949年に日本曹達の第2会社として日曹製鋼設立。 51年に日本電解製鉄所を合併し,現社名に変更。海外にも進出し,リオ・チュバ・ニッケル鉱山,タガニード鉱山の株式保有。 99年ステンレス部門より撤退。売上構成比は,フェロニッケル 60%,ステンレス 26%,金属粉末および成形品4%,電磁材料2%,その他8%。年間売上高 387億 7000万円 (うち輸出 28%) ,資本金 248億 2400万円,従業員数 701名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

大平洋金属

正式社名「大平洋金属株式会社」。英文社名「Pacific Metals Co., Ltd.」。鉄鋼業。昭和24年(1949)「日本曹達株式会社」から分離独立し「日曹製鋼株式会社」設立。同45年(1970)「大平洋ニッケル株式会社」と合併し現在の社名に変更。本社は東京都千代田区大手町。新日鐵住金系。ステンレス原料のフェロニッケル製造に特化。シェアはトップクラス。東京証券取引所第1部上場。証券コード5541。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大平洋金属の関連情報