コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大幸坊幸賢 だいこうぼうこうけん

1件 の用語解説(大幸坊幸賢の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だいこうぼうこうけん【大幸坊幸賢】

室町時代の僧,能面作家。大光坊とも書く。生没年不詳。越前平泉寺にあって,同じく平泉寺の僧であった三光坊に作面を習ったという。近世世襲能面作家の三大家系の一つ,大野出目(でめ)家を開いた是閑(ぜかん)吉満の師とされる。滋賀県東浅井郡浅井町の春日神社にある1543年(天文12)の本地仏の作者とも考えられるが,明確ではない。近世の能楽伝書類でしかその伝はわからず,したがって作品も明らかではない。【田辺 三郎助】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大幸坊幸賢の関連キーワード三光坊十作宝来意雲石王兵衛入江美法吉常院財蓮大光坊幸賢出目吉満

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone