コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大幸坊幸賢 だいこうぼうこうけん

世界大百科事典 第2版の解説

だいこうぼうこうけん【大幸坊幸賢】

室町時代の僧,能面作家。大光坊とも書く。生没年不詳。越前平泉寺にあって,同じく平泉寺の僧であった三光坊に作面を習ったという。近世世襲能面作家の三大家系の一つ,大野出目(でめ)家を開いた是閑(ぜかん)吉満の師とされる。滋賀県東浅井郡浅井町の春日神社にある1543年(天文12)の本地仏の作者とも考えられるが,明確ではない。近世の能楽伝書類でしかその伝はわからず,したがって作品も明らかではない。【田辺 三郎助】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android