本地仏(読み)ホンジブツ

世界大百科事典 第2版の解説

ほんじぶつ【本地仏】

この世の神々は,人間を救済し済度しようとする仏や菩薩がいろいろな姿であらわれた化身,すなわち垂迹(すいじやく)身であるとし,その根本である仏・菩薩のことを本地仏という。これは仏教が日本に渡来してから起こった思想で,仏も神も淵源をたずねるとみな同体であるという考え,すなわち本地垂迹説である。そこで神に菩薩号を名付けたり,神体に代わって仏像を祀ったり,また神像僧形であらわしたりするようになった。その流行は平安時代初期からはじまる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほんじぶつ【本地仏】

本地垂迹説により、神の本地であるとされる仏。菩薩。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本地仏の関連情報