コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野出目家 おおのでめけ

世界大百科事典 第2版の解説

おおのでめけ【大野出目家】

近世世襲能面作家の家系。三光坊の弟子大光坊幸賢に教えをうけた是閑(ぜかん)吉満(1616没)が初代とされ,彼が越前大野(現,福井県大野市)に住していたので,出目本家と区別して大野出目家といわれる。彼はのちに京都に移るが,河内家重,古源助らとともに近世初頭の名工といわれた。2代は友閑満庸,3代は助左衛門を称し,4代洞白満喬は初め越前出目家代元休満永の弟子であったが,この家の養子となり,天下一備後掾を称した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大野出目家の関連キーワード出目三右衛門出目助左衛門出目庸吉出目庸久出目是閑出目満永出目吉満出目満矩出目庸隆出目満庸出目満喬出目満猶面打ち面打

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android