コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日神社 カスガジンジャ

4件 の用語解説(春日神社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かすが‐じんじゃ【春日神社】

春日大社(たいしゃ)の旧称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集の解説

春日神社

 平安時代の終わりから鎌倉時代のはじめにかけて建てられたと考えられている神社です。重源[ちょうげん]が阿弥陀寺[あみだじ]の住職とかねて、春日神社の住職になっていたこともあるようです。また、現在では「庭神事[にわしんじ]」という行事が行われています。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

春日神社

岐阜県関市にある神社。1288年創祀。祭神は武甕槌命(たけみかづちのみこと)、経津主命(ふつぬしのかみ)、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、比売神(ひめがみ)。関鍛冶の守護神として信仰を集める。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かすがじんじゃ【春日神社】

奈良市春日野町にある神社。祭神は武甕槌命たけみかづちのみこと・経津主命ふつぬしのみこと・天児屋根命あめのこやねのみこと・比売神ひめのかみ。平城遷都後、藤原氏により創建されたと伝えられ、その氏神として藤原氏の興隆とともに栄えた。1946年(昭和21)春日大社と改称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

春日神社の関連キーワード一巻の終わり江口の君終止符本注始め有るものは必ず終わり有り始め終はり国庁寺多々良大仏得地保良範

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

春日神社の関連情報