コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大日ヶ岳 だいにちがだけ

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕大日ヶ岳(だいにちがたけ)


岐阜県北西部、白山(はくさん)火山群の南端に噴出した火山。標高1709m。長良(ながら)川および庄(しょう)川水系・九頭竜(くずりゅう)川水系の源流をなす。山名は大日如来(だいにちにょらい)信仰に由来。なだらかな山容で、頂上から白山連峰の眺望がよい。東麓(とうろく)の蛭ヶ野(ひるがの)高原にはスキー場・キャンプ場が点在。白山国立公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

大日ヶ岳の関連キーワード大日岳・大日嶽岐阜県郡上市高鷲[村]白山火山帯大日如来九頭竜蛭ヶ野長良川長良山名南端高鷲東麓山容

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android