コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大日ヶ岳 だいにちがだけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大日ヶ岳
だいにちがだけ

岐阜県北西部,両白山地にある火山。標高 1709m。越前地方と飛騨地方の境をなす一連の火山群の1つで,火山帯の山麓は広く,開拓地となり,スキー場も多い。白山国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕大日ヶ岳(だいにちがたけ)


岐阜県北西部、白山(はくさん)火山群の南端に噴出した火山。標高1709m。長良(ながら)川および庄(しょう)川水系・九頭竜(くずりゅう)川水系の源流をなす。山名は大日如来(だいにちにょらい)信仰に由来。なだらかな山容で、頂上から白山連峰の眺望がよい。東麓(とうろく)の蛭ヶ野(ひるがの)高原にはスキー場・キャンプ場が点在。白山国立公園に属する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

大日ヶ岳の関連キーワード大日岳・大日嶽岐阜県郡上市高鷲[村]白山火山帯大日如来九頭竜蛭ヶ野長良川長良山名南端高鷲東麓山容

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大日ヶ岳の関連情報