大有有諸(読み)だいゆう ゆうしょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大有有諸 だいゆう-ゆうしょ

?-? 室町時代の僧。
臨済(りんざい)宗。太清宗渭(たいせい-そうい)(1321-91)の法をつぐ。播磨(はりま)(兵庫県)宝林寺住持をへて建仁(けんにん)寺,のち南禅寺の住持となった。号ははじめ無漏。著作に「南禅寺記」「摩訶師子吼集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android