大有有諸(読み)だいゆう ゆうしょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大有有諸 だいゆう-ゆうしょ

?-? 室町時代の僧。
臨済(りんざい)宗。太清宗渭(たいせい-そうい)(1321-91)の法をつぐ。播磨(はりま)(兵庫県)宝林寺住持をへて建仁(けんにん)寺,のち南禅寺の住持となった。号ははじめ無漏。著作に「南禅寺記」「摩訶師子吼集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android